ペットとしてのトイプードルの歴史

ペットとして飼いやすい小型犬ということではトイプードルも有力な候補のひとつですが、歴史的に見ても古代の文明の遺跡にも彫られていたりします。
いろいろな説があるプードルですが、狩猟犬として利用されていて、水をはねるというドイツ語のプーテルから来ているという説もあります。
もともとは狩猟用として利用されていた犬のようです。
小型だと森の中に獲物が落ちても探し出せますので便利だったのかもしれません。
湖面などに獲物が落ちる場合もあったでしょうから、獲物を取りに行くのに便利だったということもあります。
また小型だとペットとしても有利で、愛玩用としても重宝されたということになります。
種類としてはトイプードル、ミニチュア、ミディアム、スタンダードの4種類があり、選ぶ場合でも様々な大きさのプードルが今では選ぶことができるようです。
イメージとしては小型犬ですので、やはり飼う場合には小型の種類を飼うということになりそうです。

資金繰りを支援するエアコン協力業者募集
資金繰りにお困りの工事業者様を支援するエアコン工事ネットワーク

東京でオフィスのクリーニング

激安業務用エアコン工事

リムジンパーティーを大阪で楽しもう!

トイプードル関連

老化現象は人間だけではなく、動物にも同じことが言えます。
トイプードルは7歳を過ぎたら本格的な

Copyright© トイプードル All Rights Reserved.